千葉茂=(カレー+近鉄)….それは、自由!

自分はカレーが大好きだ。
だから、町を歩く度、カレーやの看板を探す。

同じく、カレーパンも好きで、今は、仙川(調布)のルパというパンやの
もちっとしたカレーパンにはまっている。
カレーパン
このカレーパン
パンの中にカレーを閉じ込めてしまうという発想が素晴らしい。

もしかして、まんじゅうがヒントかな?
と思いながら、その美味に胃袋も踊る。

■カレーパンのルーツ….を辿る…
起源は、1927年、東京都江東区の「名花堂」(現カトレア)とされる。
この時期は、関東大震災(1923)の復興時期で、
お店の経営も混乱…

そんな中、アイデアが
具の入ったパンを、カツレツのようにあげては…」
そして、
洋食の2トップ」である、カレーとカツレツに辿りつき、発売へ。

他にも、練馬区で同時期発売された説や、ロシアのピロシキがヒント
という説も、ある。
が、
何よりも、この自由な発想が素晴らしい!
しかも、それが、全国へ広まり、パンのスタンダートになった点が
アイデアの奥にある実力を感じる。

今日は、こういったアイデアを発信し続けた「野球選手」を
紹介します。


■千葉茂(元巨人)

千葉茂巨人
千葉選手は、1919年愛媛県出身。
松山商業から巨人入団。 167センチと小柄ながら、1年目から二塁のレギュラーで、
クリーンナップ。あの川上哲治氏と共に、巨人の黄金時期を築く。

千葉氏は、物事にとらわれない自由な発想をもち、
王選手が活躍する、何十年も前から、「一本足打法」
一本足打法元祖
右打ちの天才で、ファウルで粘るのも得意で、年に100個以上の
四死球を獲得した事もある。

そして、試合後はいつも、銀座の「グリルスイス」へ行く。
ここで、大好物の「カレー」と「カツレツ」を食べるのがスタイル。

が、2つの皿から食べるのが面倒で、ある時から、カレーの上に
カツレツをのせて食べるようになる。
…これを見ていた店主が、お店をしめた後、おそるおそるその食べ方を
マネすると…..「美味い!!」

1948年、「カツカレー」を発案。
お店は、超人気店へ!
カツカレー

千葉氏は、打法、カツカレーだけではなく、

近鉄の監督時代、弱小で人気のないこのチームを盛り上げるべく、
友人の岡本太郎氏に頼み、

「猛牛マーク」の帽子を
岡本太郎

因みに、この猛牛は、千葉氏のニックネーム。
そして、岸哲蔵の子供時代、この「猛牛マーク」と、
大味なプレースタイルに憧れ、近鉄ファンに!
近鉄
小学校6年間、この帽子を被ってました)

僕が、近鉄ファンで、カレーが大好きだというのは、
こう調べてみれば「必然」なのかもしれない。

より、自由な発想のもと、作品創りに励み、自由な思いを
日々、活かしていきたい。
そして「必然」とされる「ルーツ」を、
これからも追い続けたい。

★「岸哲蔵 最新ライブ情報」
8月9日(土曜日)
下北沢ラウン
19時~(デュオ、バンドの2ステージ)
料金 2500円(1ドリンク付き)


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ