カバヤ薬局 ~余り物ビジネス~

先日の、TBS「がっちりマンデー」で、俺はうなりました!!
笑顔の進藤さん
(司会の、進藤さん。 ….この笑顔がまたイイ!!)

…おっと、話が進藤さんのみに脱線しそうなので、
忠実に内容を書かせて頂きます。

■企画「余り物で儲けるビジネス」
…現在の日本は、景気が良いわけではありませんが、物は飽和状態ですね。
特に、問題になっているのが、「食料品」の廃棄。
日本国内で、年間5800万トンもの食料品が廃棄処分になっています。

では、廃棄とは「余り物」ですが、この余り物を利用し、
儲けに代える事は 出来ないでしょうか?

■薬業界の話
… 余り物は、もはや食料だけではなく、薬業界でも問題に!
その前に、
「薬剤師は調剤を拒否してはいけない!」….という法律があります。

….たとえ、一人のみ使用でも、処方箋に書かれている物は、
用意しなければ いけないのです。

薬局は、それらを問屋さんに注文しますが、問題は、ここからです。
薬はバラ売りはなく、全て「箱」で届くのです。

例…セパミットR(600包入り。血圧を下げる薬)→約2万円。
しかし、殆どの薬局では、3000円分程しか使いません。
そして、薬には「使用期限」があり、個人負担で「廃棄」しなければ いけません。
しかも、専門業者を頼むので、更に「お金がかかる!」

現在、全国には55000軒の薬局があります。
1店舗あたり、年間廃棄料で30~40万円はかかっていると言われてます。

しめて→「100億円以上!!」
廃棄代にかかっているのです!!

そして…そこに目をつけた人物が!!

■カヤバ薬局
…神奈川県川崎市にある「カヤバ薬局」 この店舗の2階には、
「吉を呼ぶ、1ルームの基地が!!」
わかばクラブ 2006年設立)
カバヤ薬局

….カヤバ薬局の蒲谷社長は、この地で20年以上薬局を経営なさってますが、
経営の中、実に廃棄する薬が多く、困っていました。
その時、気付いたのです!!

全国には同じ悩みを抱えている薬局が多いはず!
全国で余った薬を預かり、足りない薬局に使ってもらえばいい!!

■リバイバル  ドラッグ
蒲谷社長は、「リバイバル ドラック」というサイトを立ち上げ、
そこで余り物の薬を集め、出品し、不足店へ届ける事業を始めます。

これにより、余った薬局と、不足店から、それぞれ「手数料」を 頂き、
「がっちり!!」 
漫画で、がっちり!!

余った薬局は「廃棄代金を節約」、不足店は「無駄な買い込みを防ぐ事が」
もし、
出品された薬に買い手がつかず、期限切れの場合は蒲谷社長が
廃棄代金を払い、廃棄するシステムです。。。

現在、リバイバルドラッグに登録している薬局は、1000軒。
目標は、30倍の30000軒!!

■岸てつの意見
….このビジネスの素晴らしいところは、
法律のルール内で 全員が「得をする」ことです!!

自分だけが良ければいい、
売ればそれだけでいいという商売は 愛されないので、長続きしません。

無駄なコストを減らしながら、サイト等で、「理想」のもと
共存共栄していく道が、未知という、未来を築くのではないでしょうか!

がっちり!!
(TBS 「がっちりマンデー」より….学び)   


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ