シャッター通りを救え!!

■シャッター通りとは…

商店等が閉店・閉鎖し、シャッターを下ろした状態が目立つ
商店街や街並みを指します。

特に商店街を指す場合はシャッター商店街
街並み全体を指す場合はシャッター街と呼ばれます。

地方では1980年代後半頃から増えました。
身近な都市問題であり、空洞化現象でもあります。

■シャッター通りになった理由…

・1970年以降の、モータリゼーション(車社会)により、
自動車で買い物に行くようになった。
これにより公共交通機関離れが進み、駅前商店街が衰退していく。

また、この時期から大きな駐車場を構えた全国チェーンのスーパーや、
ロードサイドショップが郊外の国道やバイパス沿いに増えだす。

・2000年大規模小売店舗法が改正され、全国各地の郊外に
大型ショッピングセンターが建設される。

従来のスーパーの枠を超え、百貨店や映画館、カルチャーセンター等
それまで商店街や中心部で提供してきた機能を全て取り揃え、
大型無料駐車場を用意した大規模ショッピングセンターは、
大規模繁華街に匹敵する商業機能を持つようになった。
(ゼネラルマーチャンダイズストア)

これにより…十分な駐車場を持たず、商品の目新しさや価格競争力に劣る
既存の商店街から客が、更に流出する。

・1970年代以降に再開発された地区もシャッター通りになる
現象も出て来ている。
一時は再開発の目玉として核になるスーパー等が出店し、
その周辺にも多数店舗が出店したはずが、客足が落ちると、
大手チェーン店は不採算を理由に、一気に撤退するからだ。

その後テナントが入らずに大きな空きビルが出現すると、
核店舗を失った商店街の集客力は失せ、さらに衰退に拍車がかかる。
特に駅前型繁華街にこの事例が多く、跡地利用が進まないケースが多い。

・新幹線などの高速機関の整備で、まるでストローで吸い上げられた
かのように、大都市にお客様も一極集中化する。
(ストロー現象)

・87年からの、バブル時代、地価が高騰し、公共の大病院なども、
中心地から移った。

・大学は、地価高騰により、土地の売買の為、売り渡したり、
団塊Jrのベビーブーム世代人口に対応すべく、中心地を離れるケースも。

・商売を廃業しても、そこを住居で使う方が多い。
・第二次産業(炭鉱・造船)を主に軸にしてきた街に多い。

■変化に対応した街→「山形県新庄市北本町商店街」

…例えば、よくある話ですと、空きスペースを使い、
ミニコンサートや露天出店し、
お祭りのように歩行者天国化している地域もありますが…。

「山形県新庄市北本町商店街」
毎週日曜日、商店街では、店外に100円の商品を並べ、
商店街自体を100円ショップ化している。
結果、お客様が増え、店内の普段の値の商品まで売れるように。
新庄市商店街

歩行者天国には、しない!!
歩行者天国にすると、どうも、道路の中心に人が集まる傾向があるから。
現在、90%のお店が参加。県外からのお客様も増えている。
TBS「がっちりマンデー」でも、特集される!

■岸哲蔵の考え….

地方は、大手の進出や乱立する全国チェーン店に翻弄され、
商店街だけでなく、結果、若者の多くは職を求め、
都市部へ向かいます。

このシャッター街は、意欲や情熱といった面でも、
負のオーラを抱えてます。

特に人口減少し、税収すら落ち込んでいる地域は多いです。
これらを踏まえて….僕はこう思います。

大きな空きビルのあるシャッター街ならば、行政が街ごと買う!!
そして、高齢化時代本格化にむかい、
シャッター街そのものを「老人の町」にします。

そして「特区」にします。

まず、大きな空きビルをリホームし、老人ホームにします。
次に、若手で、これから開業したがっているお医者さんを募集し、
安値で貸すか、売り、病院確保(内科 外科)

これにより、処方箋を扱う薬局(地元業者)とドラックストア(地元業者)
が出来ます。(従業員も全て地元採用)
それに、遊びに来る家族の為、お土産やさんや、外食店も出来るはずです。
(全て、地元業者)

地元の方は勿論、人口増加(税収アップ 予算枠の拡大)の為にも、
同じ県でも別地域から老人ホームに入る方は2割安く、
他県からこられる方は3割安くすればどうでしょう。

あと、日本ならば、ちょっと掘れば「温泉」も出ます。
老人ホームに温泉や医療はセットですから。
また、最終的には、この温泉を掘る事で、「地熱」も。
ここから得た電力を、地元電力会社に売ります。

将来的には、この地熱からの電力で、特区を運営します。
行政の補助金も減るわけです。

そもそも、何故、シャッター街を老人の町にしたいかと言うと、
それほど動けないからこそ、
商店街くらいの敷地で生活するのが丁度いいと思います。

また、完全に街と離れた土地では、寂しさも感じるはず。
シャッター街を、高齢者で賑わう、巣鴨のようにしたいですね。

そして、こういった地域に、保育園も入れたい。
自分のお孫さん達くらいの子の声が、BGMのように聞こえ、
子供達も、優しい眼差しのもと、学ぶって、素敵だと思う。

ここに夜は、行政で運営する塾を置いても面白い。
元教師が、教えるのはどうでしょう?

昔の形を守るだけじゃ、もう間に合わないのです!!

精神は、昔を守る!
でも、再建するには、形は、変わらねばいけません。
サッカーもそうでしょ。
そこが駄目なら、一気に逆サイドパスしませんか?

どうも政治家はてっぺんに立つと、風見鶏で、小手先に
なってませんか?
そして、こういった事例を作ると、初物好きの優秀な人材が
教えにきますよ。TVや、NETでも、話題になりますね。

おっと、ただの妄想でしたが、止まらずごめんなさい。

 


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ