尾崎豊~忘れな草(4)~

■尾崎豊 忘れな草

1992年….大晦日….

テレビでは、この年を飾ったニュースの何%かを、

尾崎豊関連のものでしめた。

特に、お葬式の一般弔問では、37000人のファンが全国から集まり、
地下鉄が溢れかえったと、尾崎の歌と共に、流れていた。

尾崎

この頃の俺は、遠距離恋愛に終止符をうち、新たな出会いも
相当早い時期に終わりを遂げ、
実は、もう仙台との別れを告げる日取りも
決めていた。

駄目もとで受けた芸能事務所のオーディションに合格し、
9月から、毎週土日、東京(飯田橋)と仙台の往復し、
レッスンとオーディション。

月~金はまだ、学校~板場の生活だったが、
心はもう東京へ夢を走らせていた。

もう、この頃、自宅でも、心の中でも流れていたのは尾崎。
曲の作り方も、恋愛より攻撃的になってきた。

1993年3月14日….
仙台の町を出る。

初めての一人暮らしを思い返す度、心に蘇えるのはあの日で、
そこには、板場と彼女と….尾崎豊のメロディが….
滞在している。
  ~つづく~


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ