尾崎豊~忘れな草(5)~

■尾崎豊 忘れな草

1993~95年….

上京すると、東京の厳しさを知る。

正直、惨敗の手形だけを残し続けた頃で、
事務所を2年で去る事に。

ジャックダニエルとピザとフライドチキン….
ビールと焼き鳥とラーメンまで….

本来63キロだったメーターは、
あっという間に、82.5キロを指し、
煙草も….1日2箱….

先輩からの指摘もあったが、心機一転、
21歳で、煙草を止め、トレーニングを始める。

マラソン(朝晩)、筋トレ(自重)、縄跳び、現場仕事….
8ヶ月で→58キロに

21歳岸

そんな時期、出会った本が

尾崎普通の愛

「普通の愛」(尾崎豊)

孤高と呼ばれた尾崎豊の処女作だ(幻冬舎 第1作

尾崎の血肉が、生身のままレッドゾーンを超え、
時には、砂の一粒一粒を分け合う程、繊細で
さまよいの中、真実を求め、世間という沼を泳ぐ尾崎豊….

減量の中、孤高と向き合っていた自身と、
とてもマッチした、本でもあった。

トレーニングで油を削いで、読書で心の油をおとした、
そんな日々でもあった….

                   ~つづく~


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ