理想のヴォーカリスト(男性編)

「ヴォーカリストは、野球のピッチャーに似ている。」

プロ野球の投手は、条件として、140キロのストレート(直球)が必要と聞く。
どんなにイイ変化級をもっていても、140キロのストレートがないと、
変化級が活きないそうだ。

歌もそう!!

■男性ヴォーカリストの140キロとは…
真っ直ぐな声(裏を使わない)で歌った時の高いキーが、上のG以上。
そこに、+して、声量、パンチ、声の強さがある事。

実際、ライブ時は、ヴォーカルの真後ろにドラムが配置されているので、
その「圧」に負けないよう、やはり「パワー」が必要だ。

現在の岸哲蔵は、ストレート系のシンガーで、148キロほど。
特徴は、重く、回転の少ないストレート。

■理想のストレート

世良公則
世良まさのり
….ド迫力の「パンチ」と「重み」のある、155超えのストレート!!
怪物江川タイプ。

松崎しげる
….スライドする(ハスキー)ストレートだが、155キロ超えの剛速球投手。
コントロールも抜群。

尾崎紀世彦 
….150キロ台のストレートで、伸びもあるが、本人は曲のストーリーを重視し、
力一杯投げてないように、見える。

前田(TUBE)
….キレイな柔らかい回転で、パワーの押し付けがましいところを感じさせない
155キロ投手。

飛鳥涼
….力強いホームから、本格的な剛速球を投げる。全盛期155超え。

■高速スライダー系
B’Zの稲葉
….ハードロックの方々は、真っ直ぐな声の出し方ではなく、ファルセットを用いるが、
とにかく「パワー」と「スピード」が凄い!

稲葉は、もろ高速スライダー…..メジャー投手のランディジョンソンのような、
160キロ近い、高速スライダー系スピードボールを投げる。

TMRevolution
西川
….歌詞も聞き取りやすく、歌が上手く、伸びてくる素晴らしい
高速スライダーの持ち主だ。
忠実なストレートで、左の本格派という感じ。最速155キロ。

■教科書
布施明
…現在も、150キロを常時出しながら、コーナーワークも、幾種類かの変化級をもつ。
ボールが重く、圧もあり、スピンもきいている。

■コーナーワーク系
玉置浩二
…常時145キロのストレートを、外角のコーナーギリギリに投げ分ける。
そのストレートも、伸びたり、沈むカット系だったり、スライドしたり多彩。
変化級は5種類ほど。緩急つけた見事なピッチングで、時に90キロ台のカーブまで。
が、早いのだけ投げろと言われたら、150を超えるボールも持つ。

徳永英明
…透き通るような、独特の回転と、変化級。
三振より、さくっと、打ち取るタイプ。

■シュート系
長渕剛
….打者の胸元に、グイグイ斬れ込んでくる。
俺のボールだ!!という、メッセージ性が、物凄く強い。

■カット系ストレート
久保田敏伸
….NYに住む、久保田らしく、メジャー主流の、打者手元で多少動く早いボール
常に投げる。しかも、力まず、オシャレに打ち取る。

■魔球系
平井堅
….全て、魔球「ナックル」球筋が読めないタイプだ。

■監督捕手兼任投手
矢沢永吉
….指揮をとり、戦略にブレズ、相手の顔色を見抜き、チーム勝利の為のみ
投げる。頭脳的には、今まで名前の出たシンガーとは違い、捕手タイプであり、
監督だ。

■自由形投手
桑田圭祐
桑田
….何を投げても、何をやっても、桑田流、桑田型の天才。
彼は、野球ボールじゃないものまで投げそうだ。
が、実は、あのハスキーボイスは、非常に力強いのだ。

■ここのところの傾向
…機械が発達した事と、カラオケ化が進み、昔のシンガーより
ストレートが遅い。
高いキーは裏声。スマートな歌い口だが、声が細い感じがする。
が、
実は、それでもイイのかもしれない。
歌はアートであり、数値化した競技ではないのだから。

変幻自在という点では、時代と共に、よりアート化し、
アレンジや、メロディの難しさ、複雑さでは、
相当レベルがあがっている。
それに、沿う声….なのかもしれない。

■岸哲蔵の理想
今投げている力強いボールを伸ばす
(背骨のようにブレズ、BROTHER…を150キロ台!)

伸びとキレのあるストレート
(長い冬をとびこえて、米沢牛…を、コーナーワークぎりぎり145キロ)

そして、緩急をよりライブの中でつけるため、
チェンジアップを、身につける。

チェンジアップの特徴は、真っ直ぐと同じ腕の振り。
変化級であるが、ある種、真っ直ぐ系の身体の軌道だ。

これらをマスターし、緩急をつける。
勿論、勿論、その根には、「熱き魂」を、うならせて!!

体調整え、より磨きたい。
_____________________
■ 11月9日(日) 新大久保CLUB VOICE
~岸哲蔵&サトウユタカ 共同LIVE5 ~「夜明け

時間  OPEN /17:30 START/18:00
料金  2500+1drink
info voice 03-5338-0938 http://clubvoice.jp/
東京都新宿区百人町1-10-7一番街ビルB1F

Support musician
池田健司 (guitar) 保田篤孝 (bass) 鮎川茂行 (drum)
_____________________


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ