「光」

10年前位でしょうか…
実家に帰った際、くたびれた本棚の手前にあった、
表紙のない一冊の古き文庫本を、何故か気になり….
手にとってました。

その本は、ここ数年…いや、
10年単位で開かれる事がなかったと感じるくらい、、
雪のように、綿埃が積もってました。

俺は人差し指で、雪を片付ける除雪車のように取り除き、
一呼吸おいて、恐る恐るその本を開いた。

こころ

「こころ」 夏目漱石

堅物で小難しそうな本を手にしてしまった….

多少の後悔の念と、怖いもの見たさとの中間色で、
数ページをめくりめくった。

が、、、
この本のストーリー性よりも…
ある箇所に….目が….

それは、本の余白に書き綴っている文面でした。
そう、中学時代の兄貴の、鉛筆文字….

時に、感想を綴り….
時に、意見を唱え….
時に、わけの解らない化学式?を羅列し….

….おそらく、この人は、本を読みながら、
心の中に居る別の自分と、会話?交信?しているのかもしれない….

まぁ、こんな感じで….本のストーリー性は気にせず、
「余白談」だけを楽しみに、
ページからページを、
まるで、「初雪」に歓び駆ける「柴犬」のように….
走り回っていました。

そして、ある文面との出会いが….

それは、兄が中1の夏休み明けの「始業式」での、
校長先生のお話を、綴ったもの。

….小口校長先生の話….
「皆さん、星を見ていますか?キレイですよね。
心が引きこまれますね。
私も、同じです。

ただ、星をよくよく考えると、ハッとさせられます。
それは…
あの星は、幾万年も昔に燃え尽きた時の「光」
なんですよね。

でも、光は、私たちの心を和ませたり、
暗闇を照らしてくれたりしますね。

そうです。
夜は、過去の光によって灯り、
私たちの暮らしを支えている。

そして、私はこう思う。
星とは、ご先祖様のようなものだと!!

あなたの住んでいる家は、誰が建てましたか?
あなたが住んでいる土地は、どの代から続いてますか?
あなたの身体を培っているものは、
誰から受け継いだものですか?
思考、生活環境、仕事しかり….

世間では、夜は闇だと思われている。
でも、現実は、見上げて確かめれば、
この星という、過去の光に照らされ守られているんだよ!

だから、私たちもまた、未来の夜の為、
灯りを灯さなければいけないのです。

未来の夜の、あなたの子孫の為に、
未来の夜の、迷っている人の為、
未来の夜の、この国の為、
未来の夜の、この地球(ほし)の為に…」

…この文面を読んだ日、「光」という曲を
書きました。
そして、光は文面を変え、形を多少変え、
歌詞の色を変え、今も歌っているんです…

…もう、夜だね。
今夜は、キレイな星が見えるかな?
窓を開けて、おもいっきり「光」という名の
星灯りを….感じてはいかがでしょうか。

そして、感じよう、あの日の光を。
見つめよう、脈々と続く「この血」を

見渡そう、もし哀しみに打ちひしがれた人がいたら….
その手を握りしめて…

 


SPONSORD LINK

米沢牛 (MEG-CD)

新品価格
¥1,296から
(2014/10/31 05:33時点)

岸哲蔵

BROTHER (MEG-CD)

新品価格
¥2,160から
(2014/10/31 05:30時点)

岸哲蔵
お問い合わせ オファー等はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ